韓国で人気ザイデナ通販@ぼっき薬通販ガイド

韓国で人気のザイデナ

 

韓国で人気のザイデナ

日本と韓国はアジア県内ということで、体格や文化などで日いる部分があります。

 

そのため韓国で人気になったものは日本でも受け入れられたり、その反対に日本で人気になったものが韓国で受け入れられたりすることがたくあんあります。

 

韓国は様々ことで日本をトレースしている部分があり、そのため同じ道を進んでいったときに、先の日本の失敗を参考にして日本とは違う結果になることが多いのです。

 

いま日本ではEDに悩む男性の数が急上昇していることは、まだ社会的には知られてはいません。

 

しかし近い未来にこの子音は大きな問題になるでしょう。

 

実は日本と韓国の関係と同じことが、アメリカと日本でも言えるのです。

 

その日本よりも先進国であるアメリカでは今、前立腺の病気が社会問題となっています。

 

これは日本でも今患者が急上昇している病気でもあります。この前立腺の病気のために開発されたのがザイデナです。

 

韓国の東亜製薬という製薬会社が開発製造しています。

 

そもそもは前立腺肥大症を治す薬だったのですが、研究を進めていくうちにEDにも効果があり、ぼっき薬としての商品化が始まりました。

 

日本でも注目されている部分は前立腺肥大症としての効果というよりは、ぼっき薬としての効果の部分です。

 

ぼっき薬について

 

1970年代ごろから世界中でEDという病気を患う人が増えてきました。

 

この病期にかかると、男性はぼっきしにくくなり多くの男性にとってEDの出現はショックが大きな事件だったと思います。

 

ぼっきできないということは、食欲、睡眠欲、性欲、という3代欲求の一つが満たされなくなるということになりますからね。

 

そのため、この症状が知れ渡った時には、多くの製薬会社が治療薬の開発に取り組みました。

 

まさにビッグビジネスのチャンスですから。

 

そして一番に名乗りを上げたのがファイザー製薬でした。

 

ファイザー製薬は今では日本にも支社がある世界規模で展開しているグローバルな会社です。その時の薬が有名なバイアグラです。

 

バイアグラの後にもレビトラやシアリスなど、さまざまなぼっき薬が開発されました。

 

その次にザイデナも含まれることもあり、第4のぼっき薬といわれることもあります。ED治療薬のジェネリック薬サビトラ・ジェンビトラ・タダシップなどのお薬が販売されています。

 

ザイデナが注目される特徴

 

ザイデナが注目される理由の一つとして、ぼっき薬として初めてのアジア圏内での製造ということがあります。

 

そのために、アジア人の体質にあっているぼっき薬ではないかという憶測が発売当初飛び交い、一気に日本国内での販売店の在庫がなくなり、品切れ状態が続きました。

 

しかも価格帯が今まで発売されたぼっき薬よりも少し安めの設定ということもあります。

 

もちろん前立腺肥大症の治療薬としても効果がありますので、その部分もクローズアップされています。

 

前立腺がんについて

 

いま日本の男性で最も増加している眼は前立腺がんです。1960年代から2020年の間に、日本での前立腺がんの患者数は約5倍以上になるといわれています。欧米諸国では以前から、男性のがんとしては前立腺がんが最も多く、アメリカでは男性の六人に一人が前立腺がんになります。アメリカでの癌になる人の半分がこの前立腺がんだとも言われています。そして、がんで命を落とす方の10人に一人が前立腺がんです。

 

前立腺がんは男性ホルモンが活発な方がかかりやすいイメージがありました。昔は簡単には見つけにくいがんとして取り扱われていました。なので、早期発見はまれで、進行して骨に転移し、痛みなどの症状が自覚されてから発見されるケースがほとんどでした。そんな中、新しい治療法として睾丸を切除することによって癌の進行を抑えることがありました。がんが成長するためには、テストステロンという男性ホルモンが必要であり、このテストステロンを作り出す睾丸を削除するという理屈です。しかし新たな研究でわかったことは、前立腺がんには命の危険がないがんも含まれるのです。なので、もしも患ってしまっても、自覚症状もないまま、そのままおとなしくしている可能性もあるということです。